ハウスクリーニングに依頼することで水回りを綺麗にする

専門の道具を使用して部屋を綺麗にする業者

特殊清掃に依頼

特殊清掃とはどんな仕事か

一口に清掃業といっても街路や公園などの屋外清掃からハウスクリーニングまでその業務内容はさまざまですが、中には非常に特殊な清掃業務を請け負う事業者も存在します。文字通り特殊清掃と呼ばれる業務がそれです。 特殊清掃とは人が亡くなった現場を清掃することをいいます。交通事故現場などで作業を行うこともありますが、多くは室内での業務となります。賃貸住宅の家主や管理人、遺族などからの依頼を受けて作業を行うのが一般的です。 特殊清掃の作業内容は幅広く、リフォーム工事まで含むケースもあります。また料金体系も事業者ごとにまちまちです。1平方メートルあたり1万円といった具合に広さを単位としている業者もいれば、床・浴室など場所ごとに料金設定をしている業者、消毒・消臭・血液除去など作業の種類ごとに設定している業者もいます。

現場の清掃から遺品整理まで

特殊清掃が事業として行われるようになったのがいつごろからなのかについては、資料も存在しないためはっきりしていません。しかしその存在が一般に知られるようになったのは1980年代以降、いわゆる孤独死がクローズアップされるようになってからです。特に2000年代に入ってからは、団地やマンションなどの集合住宅に暮らしていながら周囲の誰にも気づかれないまま死後長期間が経過した遺体が発見されるなどの痛ましい事件が次々と起こるのに合わせて、特殊清掃業者がたびたびマスメディアに登場するようになりました。 こうした孤独死の場合は遺族の所在が分からないというケースも少なくなく、その場合は特殊清掃業者が遺品整理や遺体の火葬等に関わることもあるといいます。

Copyright © 2015 ハウスクリーニングに依頼することで水回りを綺麗にする All Rights Reserved.